チューしたい

いや、チューしたいな、なんでなんかな。

手をつなぐとかでもいいけど、いやチューがしたいな。


体液が関係してるところが特別なんかな、じゃあ汗だくでこう腕を持ち合ってぬーるぬるぬるぬるーーっ!てしたらなんか満足するんかな。


口っていうのがなんか特別なあれなのだろうか。音が出てくる水も出てくるよく動く。え、口きもちわる、口と口ってめっちゃきもちわるっ、何してるんだ人間たち


顔も特別だなー、顔、かお。

顔で私は人のこと好きになるし嫌いになるなー、目ちっこい人すきだなー

不快な人は不快な顔してるよなー

不快な顔にチュー死んでもしたくないな


なんだっけ、なんでチューしたいのかか

あーでも、口っていうか、唇というものは、手の次に手なんかな

もの触るためのものな気もする、唇

めちゃくちゃ触り心地がいいもの、唇に当てたくならないですか?私はなる

口でもの触るのがすきだなー。


でもなんかあれかなぁ、ヨダレつけときたいんかなぁ。これ自分のものですよってしたいのかな。食べ物なんかなー、人って

これから食べるみたいな気持ちなんかなぁ


うーんまぁ、どうでもいいななんか、どうでもいい、てきとーにチューしたい